「高気密高断熱」の家づくり


1.  冬暖かく、夏涼しい

2.  健康維持効果が実証されています

3.  光熱費の節約に結びつきます

WHO(世界保健機構)は2018年の年次報告書で「冬の住宅の最低室内温度は18度以上が望ましい」と勧告しました。米英では冬期の最低室温に関する基準があり、違反する大家には罰則規定さえ設けられています。

 

では、日本はどうでしょうか。冬場に室温10度を割ってしまう住まいがむしろ多いのではないでしょうか。建築と健康との相関関係が実証されつつある中、寒暖の差によって生じるヒートショックの危害も懸念されます。

 

弊社では他に先駆けて高気密高断熱の重要性に着目し、完全水発泡によるウレタンフォーム吹き付け断熱材をはじめ、国内外メーカーの断熱材を取り扱い、施工条件等を勘案した最適な施工が行えます。