「未曾有」の大変

車内TVでワイドショーを連日見ていますと、もう「世の中大変」「未曾有(みぞう)の危機だ」と煽る煽る。心配事のタネまきばかりを毎日続けて、あれで視聴率が取れるのでしょうか。新型コロナウィルスの猛威が早く衰退し終息するよう願うばかりです。「未曾有」は「未だ曾(かつ)て有らず」と書くわけですが、もともとは「仏様の功徳を称える」「奇跡的」などという意味のサンスクリット語を漢訳したものだそうで、本来の意味は決してネガティブではなかったようです。とにもかくにも、明日に希望を。建設・建築の槌音を響かせることで、世の中に元気を招来したいものです。